家族滞在ビザで子どもを呼ぶときのポイント

 

こちらのページでは、母国にいる子どもを家族滞在ビザで呼び寄せるときのポイントについてまとめています。

ポイントは「就労目的ではない」ということの説明

 

母国にいる子どもを家族滞在ビザで日本へ呼ぶときのポイントは、「就労目的で日本に来るのではないか?」と入国管理局に疑われないようにするsことです

 

この点に関連して、家族滞在ビザで呼び寄せる子どもの年齢が非常に大きなポイントとなります。

家族滞在ビザで呼び寄せる子どもの年齢に法律上の制限はありませんが、呼び寄せる家族は「扶養されること」が前提となっているので、日本で働く目的で子どもを呼ぶことはできません

 

子どもが18歳を超えていて母国で高校を卒業しているような場合には、なぜ「家族滞在」ビザで日本に呼び寄せるのか?という点について入国管理局は厳しく審査します。

高校を卒業しているのであれば、「年齢的に母国で仕事をすることができるのに、なぜ日本で親の扶養を受ける必要があるのか?」「親の扶養を受けるためではなく、日本で仕事をすることが目的なのではないのか?」という視点から、入国管理局に厳しく審査されることになります。

 

このように日本へ呼ぼうとする子どもの年齢が高くなるほど、扶養を受ける必要性という点から家族滞在ビザの審査は厳しくなります。

 

その他にも、子どもの教育はどうするのかという点についても説明する必要があります。

日本での教育の受け入れ体制が整っていることなどを説明する必要があります。

 

さらに、子どもを長期間、本国へおいたまま両親だけが日本に滞在していた場合には、「なぜ今まで親が面倒を見てこなかったのに急に日本へ呼び寄せるのか?」という疑問を入国管理局は持ちます。

このようなケースでは、「本国で子どもの面倒を見てくれていた祖父母や親戚が病気にかかった」「高齢で子どもの面倒を見られなくなった」「亡くなった」など、当初の事情が変わったために日本で扶養する必要が生じた理由を説明しなければなりません。

 

最後に気をつけるポイントとして、子どもが大学や専門学校に進学して家族滞在ビザから留学ビザし、卒業後に就職が決まらず就労ビザへ変更できなかったとしても、家族滞在ビザへ再び変更することが難しいということです。

このような場合には、就職活動のための「特定活動」ビザへの変更を検討してください。

 

初回30分の無料相談をご利用ください

外国人雇用やビザ申請のご相談は、当事務所の初回無料相談をご利用ください。

無料相談ご予約ダイヤル 046-296-9080
電話受付時間 9:00-21:00【土日祝日も対応】
SMS・Cメールも対応しています【090-1262-4705】

お客様の事務所や最寄り駅へ出張します。