在留期間の特例とは

「在留カードに記載されている在留期間の満了日を過ぎているけれど、大丈夫?オーバーステイ(不法残留)になるのでは?」

在留期間更新許可申請のご依頼をいただいたお客様から、このような質問をよくいただきます。

 

結論としては、「在留期間の特例」という制度によって、在留カードに記載されている在留期間の満了日を過ぎていても不法残留となることはありません。

 

在留期間の特例とは

 

在留期間の満了日の前までに在留期間更新許可申請や在留資格変更許可申請をしていれば、申請に対する処分(=許可または不許可)がなされるまで、あるいは在留期限満了日から2ヶ月を経過する日のいずれか早い日までは、それまでの在留資格で日本に在留することができるとされています(在留期間の特例)。

 

この在留期間の特例により、在留期間満了日の前までに申請していれば不法残留となることはないので、ひとまず安心です。

 

もっとも、在留期間が30日以下の方から更新申請や変更申請があっても、この在留期間の特例は適用されないので、注意してください。

 

2ヶ月を過ぎると不法残留となるので注意してください

 

在留期間の更新申請や在留資格の変更申請をしていても、処分(=許可または不許可)がされることなく在留期間の満了日から2ヶ月を経過すると、その後の滞在は不法残留となってしまいます。

 

出入国在留管理庁は「更新申請や変更申請に対する処分(=許可または不許可)を在留期間の満了日から2ヶ月以内におこなうよう努める」としていますが、できるだけ「努める」というだけなので、必ずしも2ヶ月以内に処分がおこなわれることは保障されていません。

そのため、在留期間満了日から2ヶ月近くになったら、出入国在留管理庁に審査状況を問い合わせるようにしてください。

 

もっとも、「2ヶ月の特例期間内に処分がされるのか?」と心配しなくても済むように、できるだけ早い時期に在留期間の更新許可申請をしておくことをおすすめします。

 

在留期間の更新許可申請は、在留期間の満了日の3ヶ月前からすることができます。

在留期間の満了日の3ヶ月前を過ぎたら、更新申請するようにしましょう。

 

在留期間の特例と資格外活動許可、再入国許可との関係

 

在留期間の満了前までに受けていた資格外活動許可は有効です。

 

再入国の許可を受けている外国人から在留期間更新許可申請または在留資格変更許可申請があったときには、出入国在留管理庁長官が相当と認めるときには、特例期間の末日まで再入国許可の有効期間を延長できるとされています。

 

在留資格変更許可申請や更新許可申請をしたら在留カード裏面の確認を

 

在留資格更新許可申請や変更許可申請をすると、在留カードの裏面に「在留資格更新許可申請中」「在留資格変更許可申請中」というスタンプが押されます(画像の右下)。

このスタンプが在留カードに押してあれば、在留期間の満了日を過ぎても「在留期間の特例」の適用により、不法残留でないことがわかります。

 

もっとも人間のやることなのでミスは付きものです。

入管職員がうっかりこのスタンプを押し忘れることもありますので、申請が終わって在留カードを受け取ったら裏面にスタンプが押されているかよく確認するようにしてください。

 

実際に私も押してもらえなかったことが1度だけあります。

 

職員に伝えればその場でスタンプを押してもらえます。

 

初回30分の無料相談をご利用ください

外国人雇用やビザ申請のご相談は、当事務所の初回無料相談をご利用ください。

無料相談ご予約ダイヤル 046-296-9080
電話受付時間 9:00-21:00【土日祝日も対応】
SMS・Cメールも対応しています【090-1262-4705】

お客様の事務所や最寄り駅へ出張します。