国際結婚をすると戸籍にどのように記載されるのか

 

日本人と外国人が国際結婚をすると、戸籍にはどのように記載されるのでしょうか?

 

まず、前提として外国人について戸籍が編成されるということはありません。

戸籍制度とは日本国民の身分関係を公証するために設けられた制度なので、外国人について戸籍が編成されるということはありません。

 

仮に外国人について戸籍が編成されるとすれば、帰化申請が許可されて日本国籍をしたり、国籍法3条1項に基づく認知された子の国籍取得届が受理されて日本国籍を取得した後になります。

もっとも、日本国籍を取得した後に編成される戸籍なので、外国人自身について戸籍が編成されるというわけではありません。

戸籍の編成

 

戸籍は「夫婦とその子ども」という親子単位で1つの戸籍が編成されます。

 

従来、親の戸籍に入っていた子どもが結婚すると、親の戸籍から離れて新たに戸籍が編成されることになります。

 

日本人の男女が結婚した場合には、夫婦それぞれが親の戸籍から抜けて夫婦2人について新しい戸籍が編成されます。

日本人と外国人の男女が国際結婚をした場合にも同様に、日本人配偶者については親の戸籍から抜けて新しい戸籍が編成されます。

 

しかし、戸籍は日本国民についてのみ編成されるものなので、外国人の配偶者について戸籍が編成されるということはありません。

そのため、国際結婚をした場合には夫婦2人の戸籍が編成されるのではなく、日本人配偶者の1人についてのみ戸籍が編成されることになります。

 

外国人配偶者について戸籍が編成されないといっても、外国人配偶者が戸籍に一切、記載されないということではありません。

 

日本人配偶者の身分関係を明らかにするためにも、日本人の戸籍謄本の「身分事項」の「婚姻」欄には、外国人配偶者の氏名や国籍、生年月日などの情報が記載されます。

その他にも婚姻日、婚姻の方式、証書提出日が記載されます。

この記載により日本人が婚姻していることがわかるようになっています。

 

ちなみに日本人と外国人が結婚していない場合でも日本国籍の子どもがいる場合には、子どもの親として外国人親の氏名などが戸籍に記載されることになります。

 

初回30分の無料相談をご利用ください

外国人雇用やビザ申請のご相談は、当事務所の初回無料相談をご利用ください。

無料相談ご予約ダイヤル 046-296-9080
電話受付時間 9:00-21:00【土日祝日も対応】
SMS・Cメールも対応しています【090-1262-4705】

お客様の事務所や最寄り駅へ出張します。