外国人配偶者との年齢差が大きいときに配偶者ビザ・結婚ビザを取得するためのポイント

国際結婚をした夫婦の年齢差が大きい場合、「日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ、結婚ビザ)」を取得することは難しいでしょうか?

結論からいうと、一般的には年齢差が大きくなればなるほど出入国在留管理庁の審査は厳しくなります。具体的にいえば、年齢差が15歳以上あると審査が厳しくなり、配偶者ビザの取得は難しくなります。特に年齢差が20以上あると、審査はより厳しくなります。

年齢差がある配偶者ビザの取得は、なぜ難しいのか?

そもそも、なぜ夫婦の年齢差が大きいと配偶者ビザの取得が難しくなるのでしょうか?

配偶者ビザの審査ポイントは、主に次の2点です。

  1. 国際結婚がしっかりとした実態のある真実の婚姻関係であるか、偽装結婚ではないか
  2. 日本で安定した生活を送るための経済的基盤がしっかりとしているか

そして、一般的に「結婚をする夫婦は年齢が近い」という統計があるため、夫婦間の年齢差があまりにも開いていると1の「偽装結婚ではないか」との疑いが高くなり、審査が厳しくなってしまいます。実際にも、年齢差の大きい国際結婚ほど偽装結婚の割合が高かったり、配偶者ビザの取得後に婚姻関係が途絶えたりしています。

このような理由から、年齢差の大きい国際結婚について出入国在留管理庁では配偶者ビザの審査が厳しくおこなわれています。

もっとも、夫婦の年齢差が大きいという理由だけで、配偶者ビザの取得が不可能となるわけではありません。「偽装結婚ではないか?」という強い疑いを晴らすことができれば、配偶者ビザの取得は近づきます。

では、どのようにして「結婚の信ぴょう性」=「真剣な交際からの真実の婚姻関係であること」や「結婚についての本気さ」を説明すればよいのでしょうか。

年齢差があるときに配偶者ビザを取得するための具体的な対応策とは

年齢差がある国際結婚については、婚姻の信ぴょう性(偽装結婚ではないか?)が通常よりも強く疑われるので、結婚に対する真剣さや実態のある婚姻関係であることを丁寧に説明していく必要があります。

出会いから結婚にいたった経緯を詳細に説明する

配偶者ビザを申請する際の申請理由書や交際経緯書には、2人が出会ったときから交際がスタートし結婚にいたるまでの経緯を文章で詳細に説明してください。出会った経緯や場所、紹介者などについて、エピソードや心情を交えてできるだけ具体的に書くようにしてください。

真剣な交際を裏付ける資料を多く提出する

真剣に交際しているカップルであれば、日常的に連絡を取り合い、2人でデートしたり旅行をし、友人や知人に紹介するのが通常です。

そこで、2人の真剣な交際を裏付ける資料として次のような資料を提出してください。

  • LINEやメールの履歴
  • 通話記録
  • デートや旅行先で撮影した写真
  • 友人や知人と一緒に撮影した写真

夫婦間のコミュニケーション手段(言語)を説明する

実態のある国際結婚であれば、日本人配偶者と外国人配偶者との間でしっかりとコミュニケーションが取られているはずです。

外国人配偶者が日本語で十分なコミュニケーションを取る、日本人配偶者側で相手方の母国語を十分にマスターしている、お互いの母国語以外の外国語で会話をするというパターンがあります。いずれの場合でもコミュニケーションの手段である外国語を十分にマスターしていること、習得した経緯を丁寧に説明し、夫婦間のコミュニケーションに問題ないことを理解してもらう必要があります。

お互いの両親や家族に挨拶する

日本人同士が結婚する場合には、お互いの両親や家族に挨拶して紹介するのが通常でしょう。国際結婚でも同じように、お互いの両親に挨拶しているとより結婚の信ぴょう性が高まります。年齢差のある国際結婚であれば気後れしてしまうこともあるかと思いますが、できるかぎりお互いの両親に挨拶するようにしましょう。

配偶者ビザを申請するときには、申請理由書や交際経緯書において両親に挨拶した経緯やその時の気持ちを詳細に説明するとともに、相手の両親と一緒に撮影した写真を提出してください。

年齢差が大きいときは離婚歴も重要な審査のポイントです

年齢差の大きい国際結婚では、離婚歴も配偶者ビザの重要な審査ポイントとなります。

特に、日本人配偶者の前婚配偶者が外国人であった場合や、外国人配偶者の配偶者の前婚配偶者が日本人であった場合には審査が慎重になされます。

離婚歴があると、今回の結婚の本気度や婚姻生活が安定して続くのかという点を強く疑われます。

前婚の離婚理由や、その後に結婚にいたった経緯を丁寧に説明し、婚姻の真剣さや継続性について納得してもらう必要があります。

 

以上、年齢差の大きい国際結婚をしたときに配偶者ビザを取得するためのポイントについてご説明してきました。

「偽装結婚を疑われ配偶者ビザが許可されないのではないか?」と心配という方は、当事務所へご相談ください。

初回30分の無料相談をご利用ください

外国人雇用やビザ申請のご相談は、当事務所の初回無料相談をご利用ください。

無料相談ご予約ダイヤル 046-296-9080
電話受付時間 9:00-21:00【土日祝日も対応】
SMS・Cメールも対応しています【090-1262-4705】

お客様の事務所や最寄り駅へ出張します。