技能ビザを取得した外国人が飲食店を経営することができるか

 

技能ビザを取得して外国料理店で調理師・コックとして働いている外国人が、自分の店をオープンして経営していくことはできるでしょうか。

技能ビザのままで飲食店の経営ができるのか、以下でご説明しています。

 

技能ビザの在留資格に該当する活動は、「本邦の公私の機関との契約に基づいて行う・・(略)・・熟練した技能を要する業務に従事する活動」です。

「公私の機関との契約に基づいて行う」と規定されていることから分かるように、技能ビザでおこなう活動としては、自らが事業主として主体的におこなう活動は想定されてなく、事業主に従事する形でおこなうような従属的な活動であることが必要です。

飲食店の経営には事業の経営判断という主体的な活動が含まれるため、技能ビザで飲食店の経営を行うことはできません。

 

技能ビザの許可申請を行う際に提出する書類として、店舗の賃貸借契約書や飲食店営業許可証があります。これらの契約主体や名義人が技能ビザの申請人になっていると技能ビザは許可されないので、ご注意ください。

 

技能ビザを取得している外国人の方が自ら飲食店の経営を行うためには、技能ビザから経営・管理ビザへの変更をおこなう必要があります。なお、経営・管理ビザを取得しても必要最低限の調理業務をおこなうことは必ずしも禁止されていません。

 

初回30分の無料相談をご利用ください

外国人雇用やビザ申請のご相談は、当事務所の初回無料相談をご利用ください。

無料相談ご予約ダイヤル 046-296-9080
電話受付時間 9:00-21:00【土日祝日も対応】
SMS・Cメールも対応しています【090-1262-4705】

お客様の事務所や最寄り駅へ出張します。